政策

島ひでかずが「いばらきに、をはなつ!」重点10政策

愛する茨木市を「大阪府下住みたいまちランキング」第1位に!

【福祉】高齢者や障害者、また、女性や子どもにとっても安心・安全なまちづくりを目指します!【教育】学校教育と社会教育とのより緊密な連携によって、大阪府下随一の教育市を目指します!【経済】商店街の活性化を!老若男女が世代や性別を超えて集う、元気のあるまちを目指します!【保育】待機児童ゼロへ!大阪府池田市を抜き、子育てしやすい全国一の保育行政を目指します!


①改革の

全国津々浦々の地方議会で噴出している「政務活動費」の不正受給問題。こうした報道に触れるたび、市民の皆様の貴重な血税をないがしろにする、議員にあるまじき行動に私自身も強い憤りを覚えます。従来の特権に鋭いメスを入れるとともに、「行財政改革」にも着手し、政治への信頼を取り戻します。

②教育の

小学校段階からの「アクティブ・ラーニング(課題解決型学習)」を取り入れ、“自ら考える力”を育む初等教育を推進します。さらには、追手門学院大学の職員時代に「おうてもんジュニアキャンパス」を企画・実施した実績を生かして、市内5大学の取り組みとも連動した市独自の先進教育を実施します。

③経済の

駅前周辺整備を積極的に行い、大型小売店舗の進出によって活力を失いつつある「商店街の活性化」を目指します。また、「市営駐車場・駐輪場の完全24時間化」によって、市民の皆様のさらなる利便性向上を目指します。加えて、国道沿いに〈見山の郷モデル〉の施設を開設し、農業振興を支援します。

④交通の

市内中心部の主要道路が“片側1車線”であるために慢性化する「交通渋滞」。持ち前の若さと行動力を生かして、まずは、地元商店街や市民の皆様のご意見を伺った上で、経済損失となっている現状打開のため、国・府議会議員とも緊密に連携し、「渋滞緩和・解消」に向けて全力で取り組んでまいります。

⑤福祉の

聴覚障害者を両親に持つ者として、また、政権与党から推薦をいただいた立場であるからこそ、たとえ少数意見であったとしても、その声にしっかりと耳を傾け、「党派や会派を超えて取り組む柔軟性」を大切にいたします。高齢者や障害者、女性や子どもまで、「誰もが輝ける市政」の実現を目指します。

⑥保育の

市内の待機児童数は147名(平成28年4月1日現在)。府内の政令・中核市を除いた全自治体のうち、ワースト1だった昨年からは39名減とやや改善傾向にありますが、残念ながら、依然「ワースト2」の位置に甘んじています。「待機児童ゼロ」を実現し、働く女性が早期に復帰できる環境を整備します。