2016.07.24

昨日は滋賀県彦根市にあるグランドデュークホテルにて開催されました追手門学院大学校友会滋賀支部の総会・講演会・懇親会に出席いたしました。総会では近藤眞弘支部長(第9期、大津市議会副議長)の挨拶に始まり、昨年度事業報告・会計報告、今年度事業計画案・予算案が全会一致で承認されました。続く金森喜久男経営学部教授による「スポーツと地方創生」の講演では、ガンバ大阪代表取締役社長やスタジアム建設募金団体代表理事を歴任されたご経験を基にした内容で、出席者全員惹き込まれました。さて、先週の和歌山、今週の滋賀に続き関西での支部総会の最後を飾るのは再来週の京都です。
講演会 8/6(土)16:00〜 京染会館…四条西洞院西北角総会 8/6(土)17:00〜 京染会館…四条西洞院西北角
懇親会 8/6(土)18:30〜 かづさ屋…東洞院六角東南角
※講師は4ch「ちちんぷいぷい」の解説でお馴染の石田英司客員教授、一般の方も歓迎、是非ご参加ください。

20160724_1

20160724_2

20160724_3

2016.07.16

本日は追手門学院大学校友会和歌山支部の総会が高野山の宿坊「赤松院」にて開催され、京都支部長として出席いたしました。総会に先立って、今年のNHK大河ドラマ『真田丸』で注目される九度山町(真田信繁〈幸村〉が大坂冬の陣に参陣するまで、約14年もの間、配流されていた地)にある2016年3月13日にオープンしたばかりの「九度山・真田ミュージアム」、真田昌幸・信繁父子が蟄居していた時期の草庵跡に立地すると伝わる「善名称院〈真田庵〉」などを巡るバスツアーが組まれました。総会は、山下直也支部長(和歌山県議会議員)の挨拶に始まり、地域創造学部の副学部長である大泉英次教授と同学部の峯俊智穂講師による、同県田辺市との連携協定締結後の取り組みに関する講演などがあり、続く昼食会では、精進料理が振る舞われ、随所に趣向が凝らされた総会でした。高野山はフレキャンに参加した99年、学友会委員長として再訪した02年以来…信繁の14年は長い!

20160716_1

20160716_2

20160716_3

2016.07.15

7月13日(水)は京都市勧業館(みやこめっせ)で開催された私のもう一つの母校、京都府立北嵯峨高等学校の2年生全9クラスを対象とした「進学説明会」に入試アドバイザーとして参加してきました。追手門学院大学では年間780件もある「進学説明会」に対応するべく、入試課員を含めたすべての部署の職員が高校生と向き合い、進路選択のアドバイスを通して入試広報の一端を担っております。この日は、本学の他にも、京都府・大阪府・滋賀県・奈良県から71もの大学・短期大学・専門学校が参加していました。会場に向かう途中、京都市営地下鉄四条駅構内のホームに、本学のポスターを発見!幸先が良いと気合いを入れて会場に乗り込んだものの、さすが大学のまち京都、苦戦を強いられました。昨年度、全国主要私立総合大学一般入試志願者数ランキングにおいて本学の前年比伸び率が“日本一”になったことで、私自身慢心していたことを母校の後輩達が教えてくれました。

20160715_1

20160715_2

20160715_3

2016.07.11

今回は「おうてもんジュニアキャンパス(以下、ジュニキャン)」についてー。地域連携業務を担当していた4年前、“スポーツ強化”を合言葉に、体育会クラブが注目されつつあった当時、文化会クラブや無所属会サークルにもスポットライトがあたる仕掛けを作り、かつ学生にとっても教育の一助となればと企画したのが、クラブやサークルに所属する学生たちが講師役となって、地元や追手門学院小学校の小学生にスポーツやアートの楽しさを体験してもらおうというイベント「ジュニキャン」。当時の榊原裕介体育会委員長と山田直矢文化会委員長と私の3人で他大学での実施事例を調査し、第1回目となるアート講座を2012年夏に、冬にはスポーツ講座を開催し、第4回からは追手門学院中・高等学校の先生による教室もスタート。これまでに計7回開催、67教室、定員ベースで延べ1465名もの子供たちを大学に迎えました。今年の夏のアート講座は、明日から申込受付開始です。

20160711_1

20160711_2

20160711_3

2016.07.06

昨夜は業務終了後、ご覧のチラシを4300部一人せっせと紙折り機にかけていました。以下その理由(=告知)なのですが、「いいね!」してもらえれば嬉しいです。平成22(2010)年2月14日に発足した、京都府内在住・在勤の校友4272名で組織する「追手門学院大学校友会京都支部」では、毎年8月の第1土曜日に母校から講師の先生をお招きして「講演会・総会・懇親会」を開催してまいりました。大学創立50周年を迎えた節目の今年は、毎日放送(MBS)『ちちんぷいぷい』(毎週月〜金曜日13:55〜17:50放送)の解説でもおなじみの石田英司追手門学院大学客員教授を講師に迎え、「文化庁の京都移転に伴う、新たなる京都の文化発信!」をテーマに、京の魅力再発見に繋がる講演会をご用意いたしました。日時と会場、申込方法(校友会HPからでも申込み可)は画像にてご確認ください。入場無料でどなたでもご参加いただけます。Facebook友達の皆様、お待ちしてます。

20160706_1

20160706_2

20160706_3