2016.11.01 「決断」

2016年10月31日付をもちまして、2011年4月1日から5年7か月間勤務した母校追手門学院を退職いたしました。

この間、地域連携業務が3年2か月、人事労務業務が2年5か月。地域連携業務では茨木市民の皆様の、人事労務業務では学院教職員の皆様のお支えによって、今日まで続けることができました。この場をお借りして、心より厚く御礼申し上げます。誠にありがとうございました。

明日、11月1日からは「いばらきに、矢をはなつ。」を合言葉に、“衆議院議員秘書”として、また、“追手門学院職員”として、まちづくりに参画してきた経験を生かして地元・茨木市の発展のために、持ち前の若さと行動力を生かして活動してまいる所存です。駅頭で私を見かけることがありましたら、どうぞお気軽にお声かけ下さい。

引き続き、皆様のご指導ご鞭撻を賜りますよう、どうぞ宜しくお願い申し上げます。お世話になった皆様方とのご縁、出会いに心から感謝申し上げます。 矢島 秀和 拝

20161101_1

20161101_2

20161101_3

  • LINEで送る