2017.02.04 「手話」

2017年2月4日(土)17:00、この日は、先月執行された〈茨木市議会議員選挙〉におきまして、大挙して応援に入っていただきました手話サークル「ラブレター」会員の皆様に御礼のご挨拶をさせていただくため、この日の例会場である「京都市中京いきいき市民活動センター」に伺いました。同センターが移転したことを知らずに、到着時間が例会終了直後となってしまったため、何人かお帰りになった後でしたが、会場の外にいらっしゃったお一人お一人に直接ご挨拶させていただくことができ、その後、サークルの皆様と近くの居酒屋さんでお食事をさせていただきました。私が代表を降りて数年が経ち、会員数もどんどん増えているとのこと、Coda(コーダ、Children of Deaf Adultsの略で、ろう者の親を持つ聴者のこと)の一人として、ろう者の言語、手話を学ぼうとされている聴者が一人でも増えるのは嬉しいことです。

解散後、途中から合流してくれた矢島ひでかず事務所の事務スタッフとともに、私の〈facebook友達〉であり、いつもたくさんの「いいね!」を押していただいている新駿河誠さんが経営するItalian bar & cafe「Lugol」さん(京都市中京区新町御池上ル中之町50-1/シェモア御池新町1F)へー。新駿河さんは我が母校・京都府立北嵯峨高等学校の先輩で、お母様はラブレター現役会員として私の母が立ち上げたサークルを約30年にわたり、お支えいただいております。写真は手話を縁にした息子同士の固い握手、右胸の徽章は〈手話でGo!〉のバッジです。

  • LINEで送る